全国版 空き家 ・ 空き地バンク について

全国版 空き家・空き地バンクとは

平成27年2月26日に制定された「空家等対策の推進に関する特別措置法」により、空き家の所有者には税金を高くする、自治体による強制撤去を可能にするなどの措置が取られ、空き家対策について具体的かつ早急な対策が進められるようになりました。

その対策として、各自治体において「空き家・空き地バンク」の運営が行われるようになり、消費者の皆さまに「空き家」等の物件情報を発信してきましたが、多くの情報を得るにはそれぞれの自治体のサイトを見る必要がありました。

アットホームは、これらの問題の解決に向け国土交通省が募集した「全国版空き家・空き地バンク」サイトの構築運営者に応募、同省の採択を受け、各自治体の「空き家」等の情報を集約し、情報項目の一元化や情報量の確保を実現。「空き家」等の利活用を検討している消費者の皆さまに、広く分かりやすく発信する仕組みを構築し、運営を開始しました。

空き家・空き地バンクとは

空き家・空き地バンク」とは、自治体が現地の空き家・空き地の情報を、利活用希望者(消費者の皆さま)に紹介する制度で、地域の活性化にもつながるものです。

自治体によっては、空き家・空き地を利活用する消費者の皆さまや企業等に対して、独自の特典、補助金、税制優遇等の施策を行っている場合もあります。物件情報と同時に自治体独自の情報も収集して、空き家・空き地バンクに掲載されている物件の利活用を検討していただければと思います。